SBI新生銀行

みんなどうしてる?気になるみんなの「住宅ローン」事情

みんなどうしてる?気になるみんなの「住宅ローン」事情 みんなどうしてる?気になるみんなの「住宅ローン」事情

さっそくチェック!

みんなが選んでいる金利タイプは? みんなが選んでいる金利タイプは?
  1. 現在お取り扱い中の変動金利(半年型) 手数料定率型と同じ商品です。
    • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行で住宅ローンをお借り入れしたお客さまが選択した金利タイプのうち、シェア上位3位を掲載しております。

新規借り入れでは変動金利(半年型)が1番人気でした。

SBI新生銀行ではライフプランに合わせてさまざまな金利タイプをご用意しています。

タイプ
変動金利
当初固定金利
長期固定金利(全期間固定)
ステップダウン金利
運用金利 返済期間中、定期的に金利が見直される 借り入れ時の金利が一定期間変わらないが、固定期間終了時は見直される 借り入れ時の金利が全返済期間を通じて変わらない 借り入れ時から10年経過後、一定期間を経るごとに金利が下がっていく
返済額 金利の見直しとともに増減する 固定期間終了時に見直し 変更なし 借り入れから10年経過後、一定期間を経るごとに減少していく
こんな方におすすめ 金利の動向をタイムリーに活かしたい方 ライフイベントに合わせて一定期間、安定した返済プランを立てたい方 最後まで安定した返済プランを立てたい方 将来の出費の増加に備え、月々返済額を確実に減らしたい方
タイプ
変動金利
運用金利 返済期間中、定期的に金利が見直される
返済額 金利の見直しとともに増減する
こんな方に
おすすめ
金利の動向をタイムリーに活かしたい方
タイプ
当初固定金利
運用金利 借り入れ時の金利が一定期間変わらないが、固定期間終了時は見直される
返済額 固定期間終了時に見直し
こんな方に
おすすめ
ライフイベントに合わせて一定期間、安定した返済プランを立てたい方
タイプ
長期固定金利(全期間固定)
運用金利 借り入れ時の金利が全返済期間を通じて変わらない
返済額 変更なし
こんな方に
おすすめ
最後まで安定した返済プランを立てたい方
タイプ
ステップダウン金利
運用金利 借り入れ時から10年経過後、一定期間を経るごとに金利が下がっていく
返済額 借り入れから10年経過後、一定期間を経るごとに減少していく
こんな方に
おすすめ
将来の出費の増加に備え、月々返済額を確実に減らしたい方
住宅ローンQ&A 「固定or変動。どっちが正解?」 住宅ローンQ&A 「固定or変動。どっちが正解?」
  • 住宅ローンの相談を受けると上位に入る質問ですね!

  • しばらく低金利が続くのか、将来金利が上がるのか分からないので迷う…。
    どのようにして決めればいいの?

  • ご自身のライフプランに合わせて考えてみてはいかがでしょうか。
    たとえばお子様の教育費がかかる期間に金利を固定することで、一定期間安定した返済プランにすることができます。

  • 教育費がかかる時期に金利が上昇すると、出費が増えて家計のやりくりが大変になりそうだもんな…。

  • もちろん近いうちに金利が上がらないとお考えの方は、変動金利という選択肢もあります。

  • なんとなくではなく、どれが自分にとってベストな金利タイプかを考えるのが大事だね。

  • SBI新生銀行では10年後から段階的に金利が下がるステップダウン金利タイプもご用意しています。長いお付き合いとなる住宅ローンだからこそ、しっかり考えたいですね!

  • フムフム。

参考リンク

住宅ローン金利一覧

変動金利

固定金利

みんなの返済期間はどのくらい? みんなの返済期間はどのくらい?
  • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行で住宅ローンをお借り入れしたお客さまの返済期間のうち、シェア上位3位を掲載しております。

新規借り入れの場合、30年以上の返済期間でお借り入れする方が最も多い結果となりました。SBI新生銀行では一部繰上返済手数料が無料なので、将来的に余裕資金ができたら繰上返済して期間を短くしたいというお客さまでも安心です!

みんなの借入金額はどのくらい? みんなの借入金額はどのくらい?
  • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行で住宅ローンをお借り入れしたお客さまの借入金額のうち、シェア上位3位を掲載しております。

借入金額が多いと事務手数料も高くなるの?

事務手数料が定額型なら借入金額がいくらでも安心!

定額型
事務手数料*1
定率型
事務手数料
借入金額1,000万円 5.5万円 22万円
借入金額5,000万円 5.5万円 110万円

(消費税込み)

  1. 付帯サービスによって異なる場合があります住宅ローンの諸費用・手数料ページをご確認ください。
  • 上記は借入金額に対する事務手数料の比較であり、金利や返済期間等を考慮したものではありません。
団体信用生命保険はどうしている? 団体信用生命保険はどうしている?
  • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行で住宅ローンをお借り入れしたお客さまのデータをもとにSBI新生銀行が集計・作成したものになります。

あらゆる疾病やケガに対応した安心保障付団信(要介護3以上)もご用意!

あらゆる疾病に対応している安心保障付団信(団体信用介護保障保険)を金利の上乗せなしでご利用いただけます。
もちろん死亡・高度障害の保障(一般団信)も基本付帯。
原則WEBで手続き完了、健康診断書の提出は不要で手続きカンタン!

安心保障付団信の詳細はこちら

  • 上記のデータは2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行で住宅ローンをお借り入れしたお客さまのデータをもとにSBI新生銀行が集計・作成したものになります。
  • ペアローンでお借入れの場合、借入人ごとの契約に対してデータを集計しております。
  • グラフの構成比は、整数のみの表示の場合、小数点第一位を四捨五入して表示しているため、合計が100%にならない場合があります。
  • 本資料は情報提供を目的としたものです。
  • 本資料は信頼できると思われる情報に基づいてSBI新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、安全性が保証されているものではありません。
  • 本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。
みんなが選んでいる金利タイプは? みんなが選んでいる金利タイプは?
  1. 現在お取り扱い中の変動金利(半年型) 手数料定率型と同じ商品です。
    • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行の住宅ローンにお借り換えしたお客さまが選択した金利タイプのうち、シェア上位3位を掲載しております。

借り換えでは変動金利(半年型)が1番人気でした。

SBI新生銀行ではライフプランに合わせてさまざまな金利タイプをご用意しています。

タイプ
変動金利
当初固定金利
長期固定金利(全期間固定)
ステップダウン金利
運用金利 返済期間中、定期的に金利が見直される 借り入れ時の金利が一定期間変わらないが、固定期間終了時は見直される 借り入れ時の金利が全返済期間を通じて変わらない 借り入れ時から10年経過後、一定期間を経るごとに金利が下がっていく
返済額 金利の見直しとともに増減する 固定期間終了時に見直し 変更なし 借り入れから10年経過後、一定期間を経るごとに減少していく
こんな方におすすめ 金利の動向をタイムリーに活かしたい方 ライフイベントに合わせて一定期間、安定した返済プランを立てたい方 最後まで安定した返済プランを立てたい方 将来の出費の増加に備え、月々返済額を確実に減らしたい方
タイプ
変動金利
運用金利 返済期間中、定期的に金利が見直される
返済額 金利の見直しとともに増減する
こんな方に
おすすめ
金利の動向をタイムリーに活かしたい方
タイプ
当初固定金利
運用金利 借り入れ時の金利が一定期間変わらないが、固定期間終了時は見直される
返済額 固定期間終了時に見直し
こんな方に
おすすめ
ライフイベントに合わせて一定期間、安定した返済プランを立てたい方
タイプ
長期固定金利(全期間固定)
運用金利 借り入れ時の金利が全返済期間を通じて変わらない
返済額 変更なし
こんな方に
おすすめ
最後まで安定した返済プランを立てたい方
タイプ
ステップダウン金利
運用金利 借り入れ時から10年経過後、一定期間を経るごとに金利が下がっていく
返済額 借り入れから10年経過後、一定期間を経るごとに減少していく
こんな方に
おすすめ
将来の出費の増加に備え、月々返済額を確実に減らしたい方
住宅ローンQ&A 「固定or変動。どっちが正解?」 住宅ローンQ&A 「固定or変動。どっちが正解?」
  • 住宅ローンの相談を受けると上位に入る質問ですね!

  • しばらく低金利が続くのか、将来金利が上がるのか分からないので迷う…。
    どのようにして決めればいいの?

  • ご自身のライフプランに合わせて考えてみてはいかがでしょうか。
    たとえばお子様の教育費がかかる期間に金利を固定することで、一定期間安定した返済プランにすることができます。

  • 教育費がかかる時期に金利が上昇すると、出費が増えて家計のやりくりが大変になりそうだもんな…。

  • もちろん近いうちに金利が上がらないとお考えの方は、変動金利という選択肢もあります。

  • なんとなくではなく、どれが自分にとってベストな金利タイプかを考えるのが大事だね。

  • SBI新生銀行では10年後から段階的に金利が下がるステップダウン金利タイプもご用意しています。長いお付き合いとなる住宅ローンだからこそ、しっかり考えたいですね!

  • フムフム。

参考リンク

住宅ローン金利一覧

変動金利

固定金利

みんなの返済期間はどのくらい? みんなの返済期間はどのくらい?
  • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行の住宅ローンにお借り換えしたお客さまの返済期間のうち、シェア上位3位を掲載しております。

借入期間を延長して借り換えできるの?

期間を延長することで、月々返済額の再調整ができます!

お客さまの状況に応じ、最長35年でのお借り換えが可能です!

残存期間25年 最長35年

例えば、現在ご利用中の住宅ローンの残存期間が25年でも、最長35年でのお借り換えが可能です。
ライフプランに合わせ借入期間を再調整いただくことで、月々の返済を抑えることもできます。

  • 借入申込時の年齢が20歳以上65歳以下で、かつ、完済時年齢が80歳未満であることがお申し込みの条件です。その他の条件については、商品説明書でご確認ください。
  • 総返済額は増加する場合があります。

住宅ローンお借り換えナビ

みんなの借入金額はどのくらい? みんなの借入金額はどのくらい?
  • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行の住宅ローンにお借り換えしたお客さまの借入金額のうち、シェア上位3位を掲載しております。

借入金額が多いと事務手数料も高くなるの?

事務手数料が定額型なら借入金額がいくらでも安心!

定額型
事務手数料*1
定率型
事務手数料
借入金額1,000万円 5.5万円 22万円
借入金額5,000万円 5.5万円 110万円

(消費税込み)

  1. 付帯サービスによって異なる場合があります住宅ローンの諸費用・手数料ページをご確認ください。
  • 上記は借入金額に対する事務手数料の比較であり、金利や返済期間等を考慮したものではありません。
団体信用生命保険はどうしている? 団体信用生命保険はどうしている?
  • 2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行の住宅ローンにお借り換えしたお客さまのデータをもとにSBI新生銀行が集計・作成したものになります。

あらゆる疾病やケガに対応した安心保障付団信(要介護3以上)もご用意!

あらゆる疾病に対応している安心保障付団信(団体信用介護保障保険)を金利の上乗せなしでご利用いただけます。
もちろん死亡・高度障害の保障(一般団信)も基本付帯。
原則WEBで手続き完了、健康診断書の提出は不要で手続きカンタン!

安心保障付団信の詳細はこちら

  • 上記のデータは2022年4月1日~2022年9月30日に、SBI新生銀行で住宅ローンにお借り換えしたお客さまのデータをもとにSBI新生銀行が集計・作成したものになります。
  • ペアローンでお借入れの場合、借入人ごとの契約に対してデータを集計しております。
  • グラフの構成比は、整数のみの表示の場合、小数点第一位を四捨五入して表示しているため、合計が100%にならない場合があります。
  • 本資料は情報提供を目的としたものです。
  • 本資料は信頼できると思われる情報に基づいてSBI新生銀行が作成しておりますが、情報の正確性、安全性が保証されているものではありません。
  • 本資料のいかなる内容も資料作成時点のものであり、予告なく変更する場合があります。

条件を入力するだけでカンタンに試算できます!

ネットでカンタン!
口座がなくてもOK!

住宅ローンのお役立ち情報

住宅ローンに関するお役立ち情報を掲載しております。

住宅ローンおすすめコラム

関連情報

本ページに関連する情報をご案内しています。あわせてご覧ください。

安心パックシリーズ

あなたに合わせて選べる安心パック

金利一覧

今月のパワースマート住宅ローンの金利をご紹介

住宅ローンに関するよくあるご質問

ご質問一覧

ネットでカンタン!
口座がなくてもOK!

マイページへ登録済みの方は
こちら

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

〔受付時間〕
平日:9:00~19:00
土曜日:9:00~17:00
(日曜日・祝日・年末年始の休業日を除く)

ビデオ通話などでの相談をご希望なら

住宅ローン相談

住宅ローン

パワースマート住宅ローンについて

  • 借入期間は5年以上35年以内(1年単位)、借入金額は500万円以上3億円以下(10万円単位)です。
  • 変動金利(半年型)、当初固定金利をご選択された方は、当初借入金利適用期間終了後、ご契約時の事務手数料に応じた変動金利(半年型)が自動適用となります。
  • 変動金利(半年型)、当初固定金利を利用されている方は、金利変更時に当初固定金利タイプをご選択いただくことも可能です。ご選択にあたっては、手数料5,500円(消費税込み)がかかります。
  • 各金利タイプは、金利情勢等により、やむを得ずお取り扱いを中止する場合もございます。
  • SBI新生銀行ウェブサイトにて、借入金額や借入期間に応じた毎月の返済額を試算できます。
  • 事務手数料は、定額型をご選択された場合55,000円(消費税込み)、定率型をご選択された場合、借入金額に対して2.2%(消費税込み)を乗じた金額となります。それ以外に抵当権設定登録免許税、印紙税*、司法書士報酬、火災保険料等がかかります。*電子契約サービスをご利用の場合、印紙税は不要ですが、別途電子契約利用手数料5,500円(消費税込み)がかかります。
  • ご融資の対象物件となる土地、建物に、当行を第一順位の抵当権者とする抵当権、または根抵当権を設定いただきます。
  • 当行の住宅ローンを既にご利用中のお客さまにつきましては、当行で借り換えをすることができません。
  • 住宅ローンのご融資には当行所定の審査がございます。審査結果によっては、表示金利に年0.10%~年0.15%上乗せになる場合がございます。ご希望にそえない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

[2024年1月22日現在]

ステップダウン金利について

  • 借入期間は21年以上35年以内(1年単位)、借入金額は2,000万円以上3億円以下(10万円単位)です。
  • 返済方法に半年毎増額返済(ボーナス返済)をご利用いただけません。
  • 付帯サービスである安心パックW(ダブル)、安心パックSはご利用いただけません。
  • 団体信用生命保険として、ガン団信をお選びいただくことはできません。
  • その他、詳細はSBI新生銀行ウェブサイトにある<パワースマート住宅ローン>商品説明書及びお客様ご説明資料をご確認ください。

[2024年1月22日現在]